先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

2年間を振り返って

思い起こせば2年前、私は介護職に限界を感じ、医療を学びたいと期待に胸を膨らませ本校に入学しました。初めて触れる専門用語や看護技術に戸惑いながらも全てが新鮮で年齢を重ねて学ぶ事の素晴らしさを改めて感じた日々でした。

試験では、仲間と共に励まし合った事が思い出されます。本校では、家庭との両立や勤労学生など様々な環境で頑張っている仲間が出来ました。

戴帽式では、ナースキャップの重みとナイチンゲール誓詞の言葉を胸に准看護師になるという決意を新たにしました。

その後は新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言や臨時休校など、世の中が大きく変わり、今までと違う生活になりました。知識や技術を深めるはずの臨地実習は短縮され、患者様と触れ合うこともままならず、コミュニケーションのみの関わりとなりましたが不安や緊張でぎこちない私達に「頑張って」と励ましてくれる患者様の言葉に救われる日々でした。

新型コロナウイルス感染症が拡大していくと同時に本校でも授業形態が少人数制やオンライン授業、自宅学習に変化し、学内実習が唯一の看護技術を学ぶ場となりました。

学内実習では状況設定した中で看護計画を立て、自らが患者役、看護者役になる事で、今必要なことは何か、優先順位など、アセスメントする事が出来たと思います。その中で最も印象に残っていることは、人工骨頭置換術後の禁忌肢位や有効なポジショニング法、外転による腓骨神経麻痺の観察など、グループ内で話し合った事です。臨地実習の時間が少なかった事で無事に資格試験が受験できるのか、卒業できるのか、不安の中、教務の先生方による充実した学内実習には感謝しかありません。

2年生になってからは忘れられない特別な時間となりました。学校行事の中止などが続き、寂しい思いもありましたが励まし合った仲間達、そして私達の志を尊重し、精一杯応援してくれた家族、全ての人たちの助けがあったからこそ無事に2年間を過ごす事が出来ました。学校で培った多くの学びを糧とし、准看護師としてまた一人の人間として成長し続けられるように日々努力していきたいと思います。

(第68回生 T.Oさん)

戴帽式を終えて

私はリハーサルの時から少しの緊張と多くの楽しみ、希望を感じていました。本番は練習やリハーサルと違って外部講師の先生方や学校長などが出席され、いよいよ今から本番なのだと緊張が増しましたが名前を呼ばれて歩いていき、先生の前に立つと優しい笑顔で迎えてくださり緊張がほぐれました。

学校へ入学してからの約1年間は毎日朝から仕事をして、授業をうけ、戻ってからはまた夜まで仕事をし、家に帰っては課題にテスト勉強をするというハードな日々を過ごしてきました。仕事が忙しくきつい時や課題が多くくじけそうになった時もありましたが、一人じゃないと思って仲間のことを考えながら過ごしてきました。その仲間とこうしてこの日を迎えられたことがとても嬉しく、自分を誇らしく思います。
(第69回生 Mさん)

 

本日、戴帽式を終えて、看護師になるという決意を新たにしました。

現在、戴帽式を行わない学校もあると聞きましたが、実施して頂き看護師としての意識を高め、責任の重さを感じる事ができました。また、看護師とは、知識や技術、優しさと強い信念も大切だと感じ、どのような看護師になりたかったのか思い返す事もできました。

今後、実習も始まり、沢山学ぶ事もあると思います。また、辛い事も沢山あると思いますが、その際には、戴帽式の事を思い出し、乗り越え、患者さんやそのご家族の方々に、あの看護師さん良かったね。と思って頂けるような看護師になって行きたいと思います。
(第69回生 Tさん)

募集要項ダウンロード
電話で問合せ